前へ
次へ

医療関係者ほど患者のことを知っておいてほしい

認知症や高齢者の気持ちに寄り添うことで、将来の介護について考えるきっかけも少なくありません。
医療用関係者向けのアプリの中には、身体的能力が高い高齢者であっても、目がかすむことや老人特有の足が上がらないといった症状を持つ人は存在しています。
アプリとVRを組み合わせることによって、実際には経験をしていないにもかかわらず、高齢者になったかのような状態にするためのアプリが登場しました。
認知症の人から見る世界を経験することによって、非常に高い確率でVRを利用するメリットと同時に、認知症が完治するためにはどうしたらいいのか、医療スタッフたちと話し合うことも可能といえるでしょう。
ライフスタイルにおいて介護される人の気持ちや世界を認識することは、大変重要なポイントです。
ライフスタイルにおいて価値観のずれなども存在していますが、価値観が共有できるようにアプリを積極的に活用し、介護について学ぶことも必要といえます。

Page Top